経営・起業

働き方改革とオフィスの関係性ーシェアオフィスのほうが有利?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

政府が掲げる「働き方改革」。労働時間などの見直しとともに、「オフィス空間の変革」を実施している企業も多く見られるようになりました。
「フリーアドレスオフィス」はシェアオフィスのシステムにマッチした形態です。
自由な空間作りに最適とも言える、シェアオフィスと働き方改革の関係性についてご紹介します。

シェアオフィス 働き方改革

政府が進める「働き方改革」とは?

「働き方改革」とは、一億総活躍社会の実現に向けて、50年後も人口1億人を維持し、職場や家庭、地域などで誰もが活躍できる社会づくりをするために、2016年に提唱された改革案のひとつです。
少子化による労働力の減少や、格差を回避し、多様な働き方を可能とすることで、働き手を増やし、出生率の向上と高い生産性を上げることを目的としています。

この働き方改革においての大きな課題は、以下の3つです。

  • 長時間労働
  • 非正規雇用と正社員の格差
  • 労働人口の不足

長時間労働

働き方改革における長時間労働の改善策としては、これまでのような睡眠時間を削ってでも働くという働き方ではなく、限られた時間でより生産性を上げることが重要だとされています。
そのためには、時間外労働の上限を設けることや、オフィス環境の整備が必要とされます。

非正規雇用と正社員の格差

非正規雇用と正社員の格差を解消するためには、法制度やガイドラインの整備が必要とされており、企業側の非正規雇用から正社員への引き上げなども求められています。
ただし、正社員への引き上げに伴う費用は企業にとっての大きな負担となることから、国からの支援策も設けられています。

労働人口の不足

労働人口の不足の改善策としては、高齢者の就労促進や在宅勤務、仕事と育児の両立支援などによって、高齢者や子育て世代の就労を促進するという取り組みがなされています。

働き方改革で求められる「自由度の高い働き方」

私たちの生活に深く関係性のある働き方改革。企業によって様々な取り組みがなされています。
そこでオフィスにおいて求められる「自由度の高い働き方」とは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

会社にとっての最重要事項は「利益率アップ」です。いくら積極的な取り組みをしても利益率が上がらなければ、まったく意味がありません。
長時間労働を減らし、労働人口を増やしつつ、利益率を上げるために必要なことは「生産性を上げること」に他ならないのではないでしょうか。

シェアオフィス 働き方改革 生産性

在宅ワークやフレックスタイムなどを導入しているところも多くあることでしょう。
確かに時間にとらわれず仕事ができるということは、高齢者や子育て世代の女性たちにとって大きな魅力。
しかし、生産性があがるかという点で考えると、一概にそうとは言えない実情もあるようです。
だらだらと時間だけが過ぎてしまうというケースも多くあるようなので、自由度は高いものの、利益率アップの目覚しい向上につながるという点では、やや弱いかもしれません。

大切なことは、やみくもに自由な環境を作るのではなく、利益を上げるための仕組みや体制を整え、社員一人ひとりの能力を最大限に生かせる自由な環境を作ることがポイントです。
自分で考え自ら動く、お金よりも社会的な意義と会社の利益を考えられるといった体制作りが、会社をより強い組織にしていくことになるのです。

働き方改革とシェアオフィスの関係性

このように利益を上げるための環境づくりの手段として「シェアオフィスを利用する」という方法があります。

シェアオフィスは、複数の人たちでひとつのフロアや物件を共有して使用するオフィス形態です。
異業種の人たちとの関わりのなかで、様々な刺激を受けることや、情報交換などのコミュニケーションをとることもできます。
お互いのモチベーションを高め合うことは、新しいアイデアの宝庫ともなることでしょう。

シェアオフィスは、利便性のよい好立地な場所に位置しているため、移動などにもとても便利です。
洗練されたオフィスとして人気も高いことから、子育て世代や独身女性の雇用にも一役かってくれることでしょう。

職場環境を整えたいからといって、高い賃料を払い続ける必要もありません。
シェアオフィス自体がフリーアドレスとなっているので、使用料金は毎月の家賃よりもはるかに低コスト。
水道光熱費や会社の設備を整える必要も無いので、経費を大幅に抑えることができます。

シェアオフィス 働き方改革 生産性

浮いた経費は、有能な人材の正社員雇用などにも割り当てられるので、会社の利益につながることは間違いないでしょう。
自由な時間で仕事ができるので、フリーランスなどの雇用にも最適です。

また、シェアオフィスには個室スペースやパーテーションで区切られたオープンスペースなども完備されています。
守秘性の高い業務や、集中しておこないたい業務などにもしっかり対応することができます。

こうした新しいオフィス形態を利用することで、プロジェクトチームの活動や、セミナー、ミーティングとしての利用、いつもの社内とは違った環境で業務を行い、まったく新しい斬新なアイデアや意見が取り交わされることも期待できるのではないでしょうか。

シェアオフィスは働き方改革にとって有利な手段

先述の通り、働き改革とシェアオフィスの関係性は、かなり深いものがあると言えるでしょう。
長時間労働の改善はもちろん、労働人口不足の改善、非正規雇用と正社員の格差も、シェアオフィスの利用による経費削減で実現することは可能となるのではないでしょうか?

最後に、シェアオフィスの特徴と働き方改革の関係性について要点をまとめてみると、

  • 洗練された環境=女性の雇用率向上
  • 利便性のよい環境=移動に時間がとられないので、業務効率のアップ。子育て世代の女性の雇用率向上。
  • 自由な空間で社員のモチベーションを上げる=生産性の向上
  • 低コストで経費削減=オフィスの利益率の向上

といったものになります。

シェアオフィス 働き方改革 メリット

シェアオフィスは、働き方改革への取り組み目的のみならず、オフィス自体にも大きなメリットがあるといえるでしょう。

首都圏に集中しているシェアオフィスですが、多くのベンチャー企業や東京に支店を構えたい企業など、利用者は年々増加しています。

できるだけコストをかけず、業務拡張などもできるので、働き方改革の実現に向けたシェアオフィスの利用でオフィス経営を見直すといった経営者も、今後ますます増えていくことになりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。